眼精疲労が抜け毛に繋がるワケ

2014y06m30d_202547687

 

人の体には、体内で作ることが出来ない9種類の“必須アミノ酸”が必要だと知られています。その中のひとつに“メチオニン”というアミノ酸がありますが、この“メチオニン”は、眼精疲労からくる網膜の疲労を修復してくれる作用があるのです。

ですから、パソコンやゲームの多用によって生ずる眼の疲れが進めば進むほど、身体が欲する“メチオニン”の必要度も高まって来るのです。

さらに、この“メチオニン”が担う役割のひとつに、毛髪を作る栄養素になるということがあります。網膜の修復と毛髪の生成という働きの人体に対しての重要性を考えてみますと、当然のことながら網膜の修復が大切です。

であるならば、眼精疲労によって網膜の修復が必要になった場合には、“メチオニン”は網膜の修復を優先することになり、毛髪を作るための栄養素としての“メチオニン”が不足することになります。

このように眼を酷使して眼精疲労が深まると、どうしても毛髪を生成する能力が減退し、結果的に抜け毛を誘発することになるのです。抜け毛を気にしている方は、くれぐれも眼を疲れさせない工夫をお願いします。

 

コメントを残す